私の趣味いろいろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 日弁連がフッ素洗口に反対ですと。

<<   作成日時 : 2012/02/27 07:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


以下の記事は昨年書いたものですが、反対派の妨害活動なのか(?)変なコメントが付くようになりましたので移動します。内容は変えてません。

<< 作成日時 : 2011/02/09 10:00 >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 23
日弁連がフッ素洗口に反対しているのは、以前から知ってます。が、今更なぜこんなコメントを出したのか、わかりません。
http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/report/data/110121.pdf

 弁護士さんは、薬も飲まず、農薬のかかった野菜も食べず、ファミレスなんぞには行かれないのでしょうね。あたりまえですけど、毒性の話を始めれば薬は飲めません。副作用が起きない分量濃度で「毒」を使うと「薬」になるわけです。
 ワクチンも異物といえば異物です。こんなのを身体に入れた大変なことになりますよね、弁護士先生。上のURLには、「予防接種もダメ。」という文章もあります。

 自宅の庭で家庭菜園をやってますが、農薬をかけないとパセリは蝶々の青虫くんたちに食われ放題になります。農薬をかけたくないので捕殺してますが、刺身についてくるパセリを青虫くんに与えると次の日に死んでます。(動きません。)まあ、この事実から、刺身のパセリは食べないで、自分の家で作るようになったのです。
毒性の話をしたら、市販の野菜は食べられませんし、ファミレス(輸入した冷凍野菜を使っている)には行けません。

 あと、重要な論点としては、「公衆衛生」という問題があります。弁護士センセはこの言葉を知らないのでしょう。学校健診にゆくと惨憺たる虫歯を目にするわけです。子供を歯医者に連れて行かないような親もいるのです。そういう状態にならないように予防する(虫歯を作らない)というのは、かなり重要な問題だと思います。

 虫歯が減ると医療費が減ります。これもかなり重要な問題だと思います。フッ化物の応用により虫歯が減るのを知っている歯科医は、この点において、反対する人がおります。

 医学知識のない人が、フッ化物についてモノを言うのは自由ですが、中身がすっぽり抜けたただの「反対」意見でしかありません。公衆衛生の考えを持って、利益がある人がたくさん居ることを知るべきです。フッ化物の適用が嫌な人、不要な人は拒否すればよいのです。社会全体に反対を強要するのはおかしな事だと思います。

 最後にもうひとつ。学校側も「仕事が増える。」だとか、「虫歯予防は家庭の問題。」とか言って、フッ素洗口をやりません。日教組も反対してます。教師にも公衆衛生の考えを持ってもらいたいと思います。
 私の拝命している小学校も昨年から反対派に押し切られてフッ素洗口が取りやめになりました。非常に残念です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日弁連がフッ素洗口に反対ですと。 私の趣味いろいろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる