私の趣味いろいろ

アクセスカウンタ

zoom RSS 虫歯は本当に減っているのか?

<<   作成日時 : 2011/12/01 09:43   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 中医協の資料の中で、12歳児のう蝕(虫歯)の減少のグラフが出ていたので、エクセルでちょっと分析してみました。元図は、以下。
画像


 平成7年に学校歯科健診でCO(シーオー)という健診基準が導入されました。導入以前の虫歯の減少本数は6年分を平均すると1年あたり0.05本ですが、平成7年から平成8年の1年間の虫歯の減少本数はなんと0.28本! その差0.23本はCOと判断されたと考えるのが妥当でしょう。それ以降の虫歯の減少本数は0.16→0.12→0.19→0.13→0.22→0.09→0.18→0.14 と続きます。グラフを書いてみて気がついたのですが0.05本あたりに収束しそうな気がします。(0.05本の漸近線を持つロジスティック曲線になるんでしょうな。)

画像

 電気製品の普及曲線と同じように、COの健診基準が広まってゆく様子がわかるだけです。

 子供の虫歯は確かに減っていると思いますけど、その実態は1年に0.05本程度であり、学校歯科検診基準の変更の普及浸透による関数で証明できるのでは?、ということです。


 実際に学校検診をしている立場として言えることは、少数の児童が多くの虫歯を持っている例があるのです。COを管理するのなら、フッ素洗口ぐらいしないと無理ですよ。虫歯の発生を抑えることはできません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
虫歯は本当に減っているのか? 私の趣味いろいろ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる